資格取得でサーバエンジニアに目覚めたニートの話

大学4年生の頃の就活でうつ病になってしまい、ニート生活をしてるJと申します。
年齢は25歳です。
大学卒業後はアルバイトもせず、自宅に引きこもっています。
先日母親から「働いてほしい・・」と懇願されてしまいました。

しかしぼくは職歴資格なしの人間です。
かんたんに就職できるわけがありません。

そこで手始めに何か資格を取ろうと思いたったのです。
ただ難しい試験は受かる自信が無いためパス。

そこで白羽の矢が立ったのがMOSです。
MOSはマイクロソフトの民間資格でとても知名度が高く、取得できれば就職に有利になります。
取ると決まれば早速試験勉強です。
基本的にMOSの対策テキストを買ってその通りに1日一定の量をこなして途中復習しながらテキスト全部をやりました。
テキストを全部やって苦手な部分を何度もやりたかったからです。
できるようになったらテキストに付いている模擬試験をやりました。
全部の回を90点以上取れるところまで繰り返しやり続け、それまでは他のところは手を付けません。

特に関数はあまり難しいものは出ないようでも意外とややこしくて基本的な公式を覚えてスラスラとできるまで繰り返します。
普段使わないような機能を何度もやって覚えるためです。

模擬試験では、回答後の解説を見て実際にその通りにやって復習しました。
何度もやって問題や回答を覚えてしまい、問題の本質を理解できないからです。
ささっとせずにきっちり手順を踏んでやることで過信もせずにこなすことができます。
特に簡単な問題はさらっとやってしまいがちなのでちゃんと問題を読んで回答するように心がけました。

そして試験は合格。

思ったようにできなかったことも工夫すればできるのがとても楽しく思えてきました。
そこで次はMOSの応用でマクロや関数の機能を勉強しました。
マクロやVBAです。
しかしそれでは物足りず、何故かサーバを構築したいと考えるようになったのです。
某WEBサービスを開発したことで有名なサーバーエンジニアの原田さんに憧れをもっていたからです。

そこで早速サーバを購入しようと考えたのですが、ニートには金額的に難しいものがあります。
そこで考えたのがVPSサーバをレンタルしようというモノです。
なぜVPSかと言えば、あるサイトでVPSの特集を見て興味を持ったからです。

今はまだVPSサーバを借りたばかりで、練習段階ではありますが、将来的にはクラウドサーバを借りてWEBサービスを公開し、そこから収益を上げて株式会社を設立し、従業員を雇い、さらにWEBサービスを拡大していき、株式公開まで行ければと考えています。
壮大なようですが、今のぼくならできそうな気もしています。